注意レベル1!レビトラの副作用

レビトラは勃起不全の改善薬として開発され、水に溶けやすく即効性があり、他のED治療薬に比べても副作用が少ないことで、最近注目を集めています。
ただし、まったく副作用が起こらないわけではなく、他に比べて少ないというだけで、人によっては十分起こりえる問題となります。
特に多く報告されている副作用では、頭痛やほてりといったもので、服用後に頭が少し重く感じるといったものや、顔が温かい、ヒリヒリするといったものがあります。
しかし、これらは薬効による一時的なもので、レビトラの効果が切れる頃には収まっていることがほとんどです。
用量によって作用時間は異なりますが最低でも4時間、長ければ10時間は持続するため、それまでに収まらない場合は、別の原因が考えられます。
また、稀な症状としてめまいや鼻づまり、吐き気といったものが副作用にありますが、これらも同様に徐々に収まるようになっています。
もし、呼吸困難などの呼吸器系に異常を感じたり、胸が痛くなる、まぶしくなったり視界に異常がみられるといった場合は危険な症状が起こっている可能性があるので、今すぐ服用を中止して医師に相談するようにしましょう。
レビトラはその他のED治療薬に比べ、併用禁忌薬が非常に多い点も特徴です。そのため、不整脈の治療を行っている人や、狭心症の治療で硝酸剤を服用している場合は、医師と相談の上で使用するようにします。
同様に抗真菌薬、抗ウイルス薬でも影響が出やすく、加えてグレープフルーツなどの柑橘類では相互作用によって、副作用の効果を高める危険性があるため、併用は禁止されています。ED治療薬で死亡したという例もあるので、たとえ危険の少ないレビトラでも、副作用が起こったら無理に使用せず、大人しく医師の診察を受けるのが重要です。

■ED治療薬の代表商品が掲載されています
ED治療薬の比較ができる
■彼氏のED治療が終わったら次はあなたです
女性用媚薬

トップページへ