レビトラで勃起不全の障害を克服しよう

勃起不全の障害を克服する治療薬としてレビトラをおすすめします。
レビトラは他の治療薬と比べて即効性に優れています。
バイアグラも空腹時に服用すれば30分程度で作用することが多いですが、レビトラは15~20分程度とさらに即効性があります。
すぐに性行為をしたいときは、何よりも即効性が必要となります。
効果の発現まで時間がかかると、その間に精力が減退してしまう場合もあります。

勃起不全の障害にはメンタルが強く影響しており、レビトラを服用して性行為がうまくいけば、次回から普通に勃起するようになる場合もあります。
慢性的な血行不良や生活習慣病が原因の場合は、これらの習慣を改善していく必要がありますが、心因性の勃起不全なら不安や悩みを解消すれば勃起障害も克服できるのです。

レビトラの即効性を高めるためには、空腹時の服用をおすすめします。
軽食程度なら作用にそれほど影響しませんが、やはり即効性は弱くなります。
食事をしてから性行為するならば、まずはレビトラを服用して勃起力を発揮させましょう。
それ以降なら食事をしても問題ありません。
服用後、1時間程度経過してから食事をとれば、食事が薬効に影響することはありません。
ただ、食後は眠たくなるので、性行為を忘れてそのまま眠ってしまう男性もいます。
食欲が満たされると眠たくなるので、食後すぐに性行為をするのはタイミングとしては適していません。

医療機関で治療をするときは、レビトラと併せ精神安定剤を処方されることがあります。
この場合はメンタルに原因があるので、それも併せて解消していくわけです。
神経質な方、心配性な方などは心因性の勃起不全が起こりやすいです。
メンタルの問題を解消すれば、嘘のように改善することが多いです。

トップページへ