レビトラを処方箋有と無しで購入する料金の比較

レビトラはバイアグラと同様のED治療薬の1つで、購入する場合は医療機関で医師に処方箋を出してもらい手に入れるか、通販などでは処方箋なしで手に入れることが出来ます。
レビトラを医療機関で購入しようとすると1錠あたり10mgで1,500円前後、20mgで2,000円前後かかり、その他に診察代がプラスされます。
通販で購入しようとすると1錠あたり20mgで1,500円前後で購入することが出来、料金を比較するとネット通販の方が少々安い傾向にあります。
しかし欧米人に比べ体格の小さい日本人は、10mgでの使用でも効果があるとされるので、20mgを購入し、ピルカッターや刃物で半分に切って10mgとして服用すると経済的かもしれません。
レビトラの料金を比較すれば通販の方が安いですし、処方箋なしでも手軽に購入することが出来るので魅力的に感じますが、では医療機関で処方してもらうメリットはあるのでしょうか。それは安心が足されるということです。
レビトラを通販で購入すると、副作用の対応や本物であるかの確認など、自己責任が付いてきます。しかし医療機関で処方されるということは、効果や副作用の説明、仮に副作用が出た場合の対応はもちろんのこと、医療機関で偽物が処方されるということは考えにくく、そういった意味での安心が料金に加算され、安心して使用することが出来ます。
どちらを利用するかは自身が決めることではありますが、初めてレビトラを服用する人がいるのであれば、最初は医療機関で相談し、薬についての詳しい説明や使用方法などをしっかりと聞き、料金が少々高くても勉強料として考えれば良いのではないでしょうか。安心して服用できる方法をしっかりと選びましょう。
以前まではレビトラジェネリックも発売されていましたが、レビトラジェネリックは2017年に製造中止が決まってしまい、市場に出回っている分しか購入ができなくなってしまいました。つまり通販サイトにおいては在庫限りの販売になってしまいます。
このことから将来的にはレビトラは先発品を通販で買うことになるでしょう。目当てのレビトラジェネリックが無ければその時点で先発品の購入へ移行しても構いません、必要なときに服用出来るようにしておきましょう。

トップページへ