摘出による影響などレビトラの作用でED治療

勃起が上手く起こらない、硬さを維持することができずすぐに萎えてしまうなど、性交渉を行うときに不都合がある場合にはレビトラなどのED治療薬を用いることで勃起を起こさせるサポートになり、硬さもある程度の時間維持できるようになることがあります。しかし、薬を購入するためには医師の処方箋が必要であり、EDだという診断をしてもらう必要があります。

十分な勃起が得られない状態が3か月程度続いている場合だとEDだと診断してもらえるため、多少時間がかかる場合があるので、早めに診察を受けに行ったほうが良いです。手術により前立腺摘出などを受けたことが原因の場合は、それよりも早めに診断を出してもらうことができます。下腹部や器官などをがんや病気により摘出した時にも、影響を受けて上手く性交渉ができなくなる場合があります。

レビトラは水に溶けやすい性質があり、他の薬よりも作用が早く出る特徴があります。血管を拡張させる物質を増やし血流を良くする薬ですから、飲んだら興奮する薬とは違い、あくまで勃起をサポートする作用だけです。興奮することができない人は別の治療が必要になります。

食事の影響を受けることがあって、油の多い食事を食べた後や飲酒後にすぐ飲んでしまうと、効果が弱まってしまう場合があります。

レビトラは糖尿病の人などでも作用が働き有効的であることが分かっていますが、病気の種類によっては服用できなかったり、十分注意して飲まなければならない場合があります。摘出手術を受けたことで、服用している薬がある場合も併用すると危険な作用を起こすことがあるため、医師に確認するべきです。別の薬を飲む場合もレビトラの効果持続時間も考慮し、副作用が起きる可能性も服用から8時間が過ぎるまでは気にしておくべきです。

トップページへ