注意レベル2!レビトラ、飲み合わせ

男性のED治療薬として世界的にも知られているレビトラには、性行為の前に服用することによって、男性器の勃起を助けるというはたらきがあります。
これは、男性器の平滑筋とよばれる筋肉にふくまれている、PDE5という種類の酵素を阻害することによって、平滑筋の緊張がゆるんで、血流がよくなるというメカニズムに起因しています。
このことから、特に血圧や血管に関係した別の医薬品をレビトラといっしょに服用してしまうと、かなり危険な身体反応があらわれてしまう場合がありますので、厳重に注意することが必要です。
こうしたレビトラとの飲み合わせの悪い医薬品の筆頭として掲げられるのは、いわゆるニトログリセリンなどの硝酸薬です。
硝酸薬は狭心症や心不全の患者に対して処方されるのが一般的ですが、病名からもわかるように、血圧を下げて心臓に負担がかからないようにするという効果があります。
もしもレビトラといっしょに服用してしまうと、両方の医薬品の相乗効果で、この血圧低下が急激に起きてしまい、意識がなくなる心配があるのです。
硝酸薬のなかまとしては、一般的な口に入れるタイプのほかにも、スプレーや貼り薬のようなかたちをしたものがありますが、いずれも有効成分は同じであることから、やはり併用してはならないものです。
また、高血圧の人がよく処方を受けるα遮断薬とよばれる医薬品も、血圧低下作用があるため、レビトラと併用することで、同様に意識低下などの被害が起きてしまう可能性があります。
ほかにも、一部の不整脈製剤なども併用禁忌とされており、QT延長とよばれる症状が起きて、とつぜん立ちくらみがしたり、意識をうしなうような発作につながることがあります。

トップページへ